明日に向かっていけ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大震災について考える事

<<   作成日時 : 2011/03/20 19:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

あらためて、今回被害に遭われた多くの方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
今は、復興と言う言葉より、まず、「消息のつかない家族や、親戚、友人の安否」の確認でしょうね。
少しずつでは、ありますが「伝言ダイヤル」や「インターネット等での不明者捜索」などで判明はされてきていると思います。
「阪神・淡路大震災」の時でも、私の兄が「尼崎」に勤務していたのですが、1週間連絡が付きませんでした。

今回の震災は、「阪神淡路大震災」が大火災なら、「東北太平洋沖大震災」は大水害でしょうね。7mクラスの高潮では重量のある「車」や「コンテナ」でもビニールプールにプラモデルを放り込んでいる状態でした。
それと、「原子力発電所」の事故でしょうね。原発の危険性については昔から指摘されていましたし、核燃料を使用するためその陸路としてこの滋賀県が経由地になっていたため、当時の科学技術庁長官から安全性について滋賀県県会議員から質問されていましたが、100%安全ですという回答は得られませんでした。

そして、一番大事な事は、被災しなかった我々が今後どういった行動をするのが一番良いのか?

1:義援金を公的機関から自主的に行いましょう。(家庭訪問などでの募集は原則していないようです)
2:献血をしましょう。(被災地では輸血用の血液が不足しているようです。)
3:自主的にボランチィアに行くのは止めましょう(ライフラインが復旧していないため、現場までの道も完全復旧していませんし、食糧、睡眠場所等の確保も自分で行わなければなりません)
4:「電力が不足しています。」という事で「関東地方を中心に計画停電が施行されていますが、関東と関西では周波数が異なるため、「関西電力から計画停電に協力しましょう」というメールは流していないとの事です。

まだまだ、これからだと思いますが、被災地の皆さん、気持ちをしっかり持ってこの現実に立ち向かって下さい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな災害が起こるとは、想像できなかったです。
自分が住む東海地区も、東海地震や東南海地震が予測されていますが、同様の規模の地震になるのかもしれません。
協力できる事から始めていきたいと思います。
そして、いろいろ学ぶこともあると考えています。
masa
2011/03/20 21:22
おはようございます。
本当に、誰も全く誰もこんな大災害が発生するなど予想できませんでしたね。
「阪神・淡路大震災」を経験した私たち関西人でも想像を絶するものです。

協力したい事はたくさんあるとは思います。でも、「したい事」と「できる事」は別だと思います。
今は地道に協力を考えていく必要があると思っています。
そんな中、「募金詐欺」が多数発生している事は、とても悲しく思います。
masaさんへ琵琶湖のアユ
2011/03/21 07:22
こんにちは

私も東海に住んでいる者として小さい頃から「地震が来るよ」と言われ続けて来たので、気持ちの上では気構え出来ているつもりでしたが、今回の地震が起きた事でちょっと自信が無くなりました。
実際の被害をTVで見て、自分がこの状態になったらと考えてましたが答えは出ませんでした。

起きてみないとわからない、です。

でも、わからないから色々な事前の準備が更に必要なんだということに着きました。他人事ではなくいつかは起こる事としてもっと意識して行かなきゃと思いましたね。


ニャンコ
2011/03/21 12:22
こんばんは。
いつもコメントいただき、ありがとうございます。
私のところに訪問してくださる方は、意外と東海地方の方が多いのです。
今回の震災では、色々と勉強させられる事が多いですよね。
でもね、何を準備しておけば安心なのか、それがわからないのが歯痒いです。
私は、10年前、自宅を耐震構造に新築しましたが、はたして今回の大震災のようなことになれば?????です。
ま〜、変な噂を信じないように、お互い気を付けようではありませんか。
ニャンコさんへ琵琶湖のアユ
2011/03/21 19:33
こんばんは。
気持玉、どうもありがとうございます。
体調は如何ですか?
コケ魔女さんへ琵琶湖のアユ
2011/03/22 20:02
実は、茨城に親戚がいまして、自宅被災パターンです。今はある程度知られましたが、地震の後10日間くらいは、電気は来ても(23区と違って、計画停電はある)、断水、ガソリン不足で、一応物資が来る避難所よりも厳しい生活になってました。
だから、非常食とか沢山買っても、私の家用じゃなくて、茨城に送るのよ〜(とか、口に出して言えない小市民)、一応届けてきました。
義援金も、分配委員会が出来てもすぐに現地の皆さんに渡るわけではなく、家に損害のない親戚は一銭ももらえるわけではないので、すみません、個人的に親戚の支援を優先しました。速攻で必要な支援と、長期で必要な支援、なかなか明快な答えはないですね(涙)。
地雷を踏むブログかもしれませんが、あのねのねの清水国明さんのブログを引用します(不適と判断されれば、削除下さいm(_ _)m。
ameblo.jp/kuniaki-shimizu/entry-10847761951.html
二の腕プルプル
2011/04/13 16:06
こんばんは。
そうだったんですか。やっぱり「純子ファミリー」の中にも、被災者の関係する間柄のかたがおられたんですね。
確かに「義捐金」そのものは、被害の無い方には行かないんですよね。
家屋の損壊は無くても、心理的な損傷は少なからず発生しているはずですからね。
ご親戚に支援される気持ち良く分かります。
私は、あえて「被災地の方々に頑張って下さい。」とは言いません。
今、被災された方々は、復興に向けて一生懸命頑張っておられるとおもいます。これ以上を何を頑張るんだ?と言いたい気持ちだと思うのです。
だから、焦る事無く、一歩ずつ前に進んで下さい。
そう、願うだけです。
二の腕プルプルさんへ琵琶湖アユ
2011/04/13 20:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
大震災について考える事 明日に向かっていけ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる