明日に向かっていけ

アクセスカウンタ

zoom RSS 八神純子さんの唄を聴きましょう(36)

<<   作成日時 : 2010/10/23 12:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

SONGSの放送から、10日が経過しましたが、皆さん、余韻はいかがでしょうか?
録画された方は、もうすでに何度も見直しをされた事と思います。
さてそんな余韻の中から今回はこの曲を取り上げる事にしました。

画像

ご存じ、セカンドシングル♪さよならの言葉♪です。
この曲は、1978年5月5日に発売されました。
しかし、ナレーションにもありましたように、この曲は純子さんの作品ではなく、第13回のポプコンでグランプリを受賞した小野香代子さんの曲でした。
小野香代子さんは、この当時、22歳(純子さんより2歳年上)で浦和のYMCAで子供たちに英語を教えていたそうです。
グランプリ受賞後、大半の人が歌手を目指すのに、あっさりと渡米してしまいました。
理由は「音楽は生活の中で楽しむもの」だと言う事でした。(凄くカッコイイセリフですよね)

ここで、焦ったのは、当時グランプリを受賞させたYAMAHA側でした。グランプリ受賞曲が、陽の目を見ぬまま終わってしまってはポプコンの歴史に傷が残る。誰かこの曲を唄える歌手はいないものか?
急遽、浮上したのが「八神純子」だった訳です。

しかし、純子さんは二つ返事でOKした訳ではなかったと言われています。
それは、純子さんが、私はシンガー・ソングライターであると言うプライドがあったからだと思うのです。しかし、そのプライドも新人歌手という高い壁の前に挫折せざるを得なかったようです。

私自身も、予約購入で、レコードを手にした時、「あれ、♪さよならの言葉♪?同じ曲名?」と思いましたから。そしてレコード盤に目を向けると、作詞、作曲:小野香代子とありました。
純子さん、他人の曲も唄うんだ?(率直な気持ちそんなふうに思いました。シンガー・ソングライターでも他人の作った、それもポプコンでのグランプリ曲を唄うんだ。何故???)

ここからは、「SONGS」でのナレーション通り、「結果は売れませんでした。あ〜もうな名古屋に帰らなければならないのか。」でした。

でも、この評価(?)を受けてシンガー・ソングライター八神純子が生まれたような気もします。

今回は、あまり皆さんが触れようとしない、この一曲を取り上げてみました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!

「さよならの言葉」
いい曲だと思いますよ。純子さんのきれいな声が堪能できますし。♪ラ〜ラ〜ラ〜 ラ〜ララ〜…♪
ちなみにカラオケもあります。意外でしょうけれどね!

「恋人同志」
かわいらしい曲ですね。好きですよ!
この曲を聴くと「木綿のハンカチーフ」を思い出します。
主人が特に好きな1曲で、ドライブのとき、よくリクエストされます。
wind-bell
2010/10/24 21:56
こんばんは。
♪さよならの言葉♪、そりゃ〜、YAMAHAのポプコンでグランプリを受賞した曲ですから、良い歌なんです。でも、純子さんの心の中では納得いってなかったのではないかと思います。カラオケがあるんですか?本当に意外ですね。唄われた事はあるんですか?

♪恋人同志♪は、詩の内容を読んでみると「木綿のハンカチーフ」とよく似ているところがありますね。
♪いつでも、待っている私、忘れないでください♪
ん〜!この頃の純子さんには、こんな彼氏がいたのかもしれないですね。

ちなみに、私も愛車の中では一人でよく唄ってます。
wind-bellさんへ琵琶湖のアユ
2010/10/25 19:13
こんばんは!
大人の事情で仕方なくのレコーディング。
割り切れない、そして、やりきれない気持ちでいっぱいだったでしょうね。
ただ、そのときの感情が「みずいろの雨」に繋がってゆく起爆剤のひとつになったのではないかと生意気に想像しております。

最後のシングルになるかもしれない。。。それなら、悔いのないよう自分らしさを出し切りたい!たとえ、それが失敗に終わったとしても。
「さよならの言葉」が不本意だったぶん、思いはさらに強くなったのではないのでしょうか。 ぎりぎりのところで、真剣になればなるほど自分にかえってくるものは大きくなると、私は思っています。

真面目な話はここまでにして、カラオケですが一応、歌ったことありますよ。出来は、いまいちでしたけど〜。いつものことですね!これは。

「恋人同志」、昔の純粋な頃を思い出しますね。私もたまにドライブ中に歌ったりしますよ。
wind-bell
2010/10/25 23:16
私もそんなふうに思っています。
きっと、♪さよならの言葉♪がヒットしていたなら、純子さんの考え方も変わっていたと思うのです。
駄目だったから、今一度、原点に戻って、自分の曲を唄いたいと感じたからこそ、♪みずいろの雨♪の大ヒットに繋がったと思っています。

「カラオケ」で唄われましたか。「今一」と言われましても、実際に聴いた事がないので・・・実際は凄く上手かったりして。
♪恋人同士♪って結構口づさみやすい曲ですよね。
wind-bellさんへ琵琶湖のアユ
2010/10/26 19:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
八神純子さんの唄を聴きましょう(36) 明日に向かっていけ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる